最大値引き105万円!?トヨタプリウスを買うなら中古より新車がお得!

プリウス 最大値引き

新型プリウスってカッコいいから大人気ですよね!

6901

 

新型プリウスって未来的でガンダムっぽくてカッコいいですよね♪
発表された時の写真に心を奪われました(笑)

 

私がそう感じるってことは、世間の方々も同じなんでしょう。
発売以来プリウスは大ヒットとなっているようです。

 

中古車を探してみても「新車と変わらなくないか?」っていう値段だったり。
でも、ビックリしました。

 

いまだに自分でも半信半疑なんです。
ネットサーフィンするうちに、ふとこのサービスが目に止まったんです。

 

それは「新車流通革命」です!!

 

6899

 

プリウス専門に新車販売をする会社さんです。
新車を買うときは、通常は、最寄りのディーラーに行きますよね。

 

そこで、値段を交渉していくのですが 個人でディーラーと値引き交渉するのには限界があります。
なぜなら ディーラーもメーカーから新車を仕入れて販売しています。

 

新車のディーラーは、地域ごとにエリアを分けて存在しており、 それぞれ自社の商圏を守って販売しています。
ですので、そもそも他社と競合することが少ないのです。

 

プリウスなどの人気車は、全く値引きをしないで販売しているディーラーも珍しくありません。
商圏考慮必要ない「新車流通革命」はディーラーから新車を卸してもらい全国へ値引き販売ができるんですね。

 

プリウスを卸すディーラーも販売台数が稼げ、個人へ直販ではないので商圏外への登録でも問題ないのです。
購入者としてもプリウスを安く買うことができるので、みんながWin-WinでHappyなサービスなんです!

 

プリウスを新車で買われるのでしたら どこよりも安い価格で買えるんです。
これなら値落ちの少ない中古車を買うよりもお得MAXですよね。

 

人気のオプションが取り付け込み激安!
特別金利キャンペーン1.7%?でどこよりもお得!

 

もちろん、全国納車OK!
保証に関してもディーラーと同じ5年保証!

 

最長120回ローンもOKなのでお財布に優しいですね。
グレードやカラーも自由自在です。

 

下取りや引き取りも対応してもらえます。
納車後は近所のトヨタディーラーでメンテやアフターサービスが受けられるのも嬉しいですね

価格だけじゃない「新車流通革命」で買うメリット

新車流通革命でプリウスを購入するメリットは、価格だけじゃないんです!

 

・通常ローン金利6.8%のところ、最大1.7%でご提供!
金利差額はなんと730000円以上!!
他店と比べて負担額を減らすことができます。

 

・苦しい時は、お支払いのストップもOK!
事前にお申し込みいただければ、毎月のお支払いも一旦ストップできます。
急な出費が必要になった時でも、安心できるカーローンです。
こんなローン、他では聞いたことがありません!!

 

・常識破りの最長120回払いの10年ローンもOK!
10年ローンなのに、他社の84回払いと比べても140,300円も安いです!
新車購入に向けて余裕のある支払い計画をたてられます!

 

といったように、
新車流通革命にしかできない独自のローンサービスと流通経路が最大の強みです

 

  • 新車を手に入れたいけど、収入が不安定。
  • 金利が高くて毎月のローンが支払えるか不安。
  • なるべく安く新車を手に入れる方法が知りたい。

 

こんな方には強い味方になると思います。
ガソリンが高騰している今、エコカーであるプリウスを安く買って10年乗るのは賢い選択だと思います。

 

これだけじゃありません!

 

事故時や修理時の代車を無料で使えたり、他社では有料となる希望ナンバーを無料で取れるんです。
その他、オイル交換やメンテナンス、車検が格安の特別価格で受けられる特典もあります。

 

革調シートカバーなどが貰えるキャンペーンも毎月やっています。

 

 

こんなに特典がモリモリ山盛りなのに、新車流通革命を使わない理由はないですよね!?

 

どこで購入してもトヨタの新車に変わりありません。
転勤や引越しの為購入店以外で点検といったケースもあります。

 

アフターメンテナンスはお近くのプリウス取扱いトヨタディーラーでも受けられますので遠方でも大丈夫です。
嫌な顔をされたり断られたりすることはありませんのご安心です!

 

利用した自分が言うのだから間違いなしです。
顧客満足度はナンバー1と断言します!

 

>下記公式サイトから問い合わせをどうぞ<

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

....

プリウス最大値引きと競争するのが最も速いです。プリウスの場合、他のメーカーの車ではなく、トヨタの中でプリウスと競争することは非常に効果的です。トヨタの販売チャネルはトヨタ、トヨペット、カローラ、ネッツの各店舗と競合している。各店舗に他の店舗のプリウス最大値引き額を伝え、見積もりをさせてください。

 

この方法は雑誌や他のサイトでもよく紹介されていますが、重要な点があります。
どの店舗でも営業担当者であることが確実です

 

"私はあなたから買いたい、他の店よりもうまく行けないの?"
つまり、言います。これは、これを言った販売人があなたを購入し、真剣にプリウス最大値引きできる可能性が高いです。

 

実際には、それを安く購入するためには、トレード・イン・クルマの査定額がプリウス最大値引きよりも重要です。
おおむねプリウス最大値引き価格が決定されるが、同じ年齢の車両であっても、トレードイン価格は同じモデルであるが、評価される価値は国によって10万?30万で異なる。これを知らない多くの顧客がいるので、ディーラーは躊躇せずに顧客に嘘をついています。

 

コマーシャルマンのよく知られている方法
営業担当者がプリウス最大値引き交渉中にこのように言ったとしたらどう思いますか?

 

「マネージャーと交渉して、トレードイン価格を10万円引き上げることができた」
"しかし、今日は限界だと言われているので、あなたは今契約に署名できませんか?"

 

残念ながら、「契約書に署名できる」と思った人は、残念なことに販売員に騙されてしまいました。実際に私はこれと契約しようとしていました。
この物語では、セールスマンが最初に安価に10万円以上の鑑定額を提示し、査定額を10万円引き上げたように後で伝えます。私はそれが派手な手だと思うが、セールスマンの話がうまいので、騙される感覚はなかった。

 

人気のスポーティな新型プリウスのツーリストセレクション。価格は通常のグレードと比較して15万円高く設定されています。ツーリングの選択は内装と外装の両方をアップグレードし、

 

"15万の価値があるの?"

 

私はそれが心配する場所だと思います。 15万円の場合は、お気に入りのオプションをたくさん付けてください。ツーリングの選択を考えている人は悩まされていることはそれほどありません。

 

今度は、AグレードとSグレードのツアー選考の結果を紹介します。「あなたは買っていますか?」 "ロッシー?"調査。私はあなたが参照のためにそれを使うことができれば嬉しいです。

 

タイヤ専門店Carport Marsenでは、4本のタイヤとホイールセットのセットで、15インチと17インチの価格差は3万円です。マルゼンで取り扱っている製品は外付け製品ですが、サイズの違いによる本物の価格差については同じ考え方ができるため、価格差は3万ドルになります。

 

ちなみに、ツーリング選びには、ホイールの中央を飾るセンターデコレーションの部分が付いていますが、安価な樹脂部分ですので、ホイールの量の内訳だと思います。
ツーリングワゴンの装備によるNo.1の魅力は、価格と機能性を考慮した快適な座席です。しかし、この機器には15万ドルを支払うことができない人がたくさんいます。

 

実際には、改装後に快適な暖房シートと同じ機能を持つ外付け製品を改装している多くの人がいます。人気のclazzio純正レザーシートカバーとシートヒーターをセットで購入しても約50,000円ですので、暖房シートの代わりにそれを考慮することがあります。

 

今回私はツーリングワゴンの価格を合理的に導入しました。他の成績については、ここで購入するものを紹介しています。

 

2015年12月9日、新型プリウスがトヨタから発売されました。 6年ぶりのフルモデルチェンジにより、プリウス価格は223?343百万円から約200,000台に上がり、新価格帯は242?3.390台千 。

 

ここで目立つのは、20万レイズの燃費と各グレードの機器です。

 

・Ritter 40 L / Kmのグレードは?
・自動ブレーキやレーダークルーズのような最先端装置のグレードは?
・あなたがそれを購入した場合、どの段階をお勧めしますか?

 

ここで購入することを考えれば、この地域は気になると思います。今回、この視点を見直したいと思います。
カタログや雑誌で各グレードを細かくチェックする人は、推奨グレードをご覧ください。

 

燃費が特別だと言うと、それは聞こえていいと思うが、設備は必要最低限になっている。あなたがそれを購入した後悔しないように主な機器を紹介するようにそれを確認してください。また、目に見えない場所では防音材なども削り取られているようですので、他のグレードと比べて静粛性も低くなっています。それは一般的な目的よりも価格が安いビジネスカーや車の所有車として考える方が良いでしょう。

 

リアスタビライザーはありません
リアスタビライザーは、サスペンションを接続するスプリングの一種です。これがないことは、乗り心地が他の成績に比べて悪いことを意味します。路面が不均一なところでは揺れが吸収されず、ガタつくことが予想されます。

 

Sグレードとの価格差は300,000です。最先端の安全装置は、このグレードから標準装備されます。燃料消費量が注目されている新型のプリウスですが、安全面ではこれまで以上に進化しています。また、人気のグレードだけでなく、レーダークルーズコントロールは、先行車の前に車を追跡することは、簡単に求められる価格に抑圧されています。最先端の安全装置をチェックしてみましょう。

 

トヨタの安全感P
多少不明な名前ですが、最先端の安全機器4点セットだと思うといいと思います。燃料効率が良い場合は、安全装備が高級品の場合は少し待ってください。それが贅沢かどうか、この機器を見て、それが高いかどうかを判断しようとしてください。私はこれで自分を守ることができれば安い買い物だと思う。

 

自動ブレーキシステムです。衝突の危険性を認識している場合は、ブザーと警告灯に注意してください。自動ブレーキが掛かります。あなたが退屈しているとき、またはあなたの健康が悪いときに運転を続けることができないとき、それは協力のための人生をサポートします。この自動ブレーキは車だけでなく歩行者も検出するので、自分の人生だけでなく人生も守ることができます。最近では、自動ブレーキも軽自動車に搭載されており、もちろん搭載されています。自動車保険は、この機器だけでプリウス最大値引きされているようです。

 

距離がわかると、自動的にハイビームに切り替わります。また、対向車が来ると自動的にロービームになる優れた車です。あなたが夜に運転しているときに、たとえあなたが対向車を持っていなくても、ロービームにうまく座っていますか?それはかなり危険です。ロービームで街灯がなければ、フロントは30メートルしか見ることができません。私が60 km / hで走っていたとき、あなたが障害物としてブレーキを踏んだ後、車が一定の回数進んだと思いますか?

 

私は37メートル行くつもりです。障害物が人の場合を考えて、私は完全に人に当たった。最近、老人が車の周りをさまよい、車に衝突するケースが多い。逆にハイビームを作ると100m先まで照らされるので、60km / hで走っていても、障害物の前に余裕を持って停止することができます。この差はかなり大きい。私もハイビームで走っていることを意識していますが、実際にはそれを忘れることがよくあります。ハイビーム切り替えが自動的に行われると、バウンスする人の危険性が大幅に軽減されます。

 

新しいプリウスバック情報!燃料消費と悪評と評判、プリウス最大値引き目標額は何ですか?
2015年末に発売された新しいプリウスも町では一般的なようだ。プリウスが今まで培ってきた名前の価値だけでなく、エンジンの見直し、モーターの軽量化、車台の品質向上など、改善点が大幅に改善されたとも考えられます。そのような完璧な印象はプリウスにはないと考えられますが、一部の人々は否定的な印象を持っているようです。この問題では、プリウスの評判、評判、実際の燃料消費量などの悪い情報を紹介したいと思います。
2015年に登場したプリウスは、第4世代となり、前モデルから大幅に進化しました。

 

走行性能として指摘されたプリウスプリウスは、低重心で走行安定性の高い車体を実現する次世代プラットフォーム「TNGA」を採用しました。

 

また、ハイブリッドシステムを見直すことで、JC 08モードの燃費は最高で40.8 km / Lであり、引き続きハイブリッドカーの代表としてトップを占めています。
さらに、バッテリーの取り付け位置を変更することで、今までトーションビームのサスペンションを改造し、ダブルウィッシュボーンシステムを採用し、品質も飛躍的に向上しました。

 

このような印象はプリウスにはないと思われますが、メーカー公式サイトなどでは公開されていない口コミもあります。
私は、実際の所有者の声に基づいて新しいプリウスの裏の情報を探求したいと思います。

 

あなたは新しいプリウスのバック情報をどうやって紹介しましたか?
どんな車でも否定的な意見は少なくありませんが、新しいプリウスにはそれほど多くの否定的な意見はないと思います。
ところで、現在のモデルでは、製造業者がこれまでPriusの欠陥を客観的に受け入れて改善していると評価しています。

 

車の外観も重要ですが、その本質は走っています。
まだやっていないなら、ぜひ試してみてください。
あなたはPriusの頂点と言える高品質を実現することができます。
私が今乗っている古いプリウスは "30プリウス"

 

新しいプリウス「50プリウス」は2015年頃に発売されたようだ。
申し訳ありませんが、私はプリュスに興味を持っていないので、詳細は分かりません(汗)

 

今度は、30台のプリウスが乗っているという不思議な気分を感じます。
それでは、現在のタイプの新型プリウス(50プリウス)を試乗する機会に行きましょう!

 

それは私の簡単なアイデアです^ ^
今回は、新しいPrius(50 Prius)を試して正直な評価をしたいと思います。

 

ああ、新しいプリウス(50プリウス)を試してみた後も、私は新しいプリウスPHVを試してみました。そのことについては後ほどお話したいので最後までお読みください。

 

私も古いプリウス(30プリウス)に乗っているので、突然の変化は正直な外観の一形態だと思う。
新しいプリウス(50プリウス)が乗りやすい理由は、アクセルの踏み込みの程度がより軽いことでした。

 

あっ、すみません。
まず第一に、私の古いPrius(30 Prius)は2009年10月の登録車です。

 

古いプリウス(30プリウス)は前期と後期を持っているようです。
だから私は古いプリウス(30プリウス)が前期になると思う。

 

ちなみに、走行距離は現在8万kmを超えています。
しかし、それはかなり美しいです、私の古いプリウス(30プリウス)です。

 

今日、新型プリウスの試乗を行ったトヨタのセールスパーソンから、「この車はきれいに清掃されました!」と言われています。
さて、私の古いプリウス(30プリウス)の話を横向きにして、新しいプリウス(笑)の試乗に戻りましょう。

 

私の古いプリウス(30プリウス)の加速器は、最初は弱く弱いです。
私はアクセルペダルを踏んでアクセラレータを開けましたが、私は応答が鈍かったと思っていました...

 

特に信号が青色に変わるのを待っているとき、アクセルを踏んだ悪い反応は少しです...
それで、私はまた、新しいプリウス(50プリウス)の加速器が試運転のために同じ方法であることを試してみたかった。

 

プリウスがアクセラレータで頑強な気持ちを持っているかどうかを見たいと思っていました。
しかし、新しいプリウス(50プリウス)はちょっと違っていた。
突然変化していないと思うが、アクセルペダル自体も旧型のPrius(30 Prius)よりも軽く、アクセル自体も軽くなってSuuに加速するようだ。

 

それは完璧ではありませんが、それはある程度の私の感覚と同じになったと言われています...
どういうわけか。

 

私の場合は、アクセラレータにいくらか足を伸ばしています。
だから、ミニバンでは、ホンダのステップワゴンの加速感が好きです。
さて、この新しいプリウス(50プリウス)にもここまで加速感はありません^ ^

 

燃費に重点を置いたハイブリッド車なので、ある程度避けられないと思います。
また、古いプリウス(30プリウス)と比較して、私は新しいプリウス(50プリウス)の内部が広がっていると感じました。
私はステップウェイトミニバンに乗っていたので、古いプリウス(30プリウス)の内部は窮屈に感じました。

 

しかし、今日私が新しいプリウス(50プリウス)に乗ったとき、私はそんなに窮屈に感じなかった。
私はフロントガラスと宇宙の背後であまりにも窮屈に感じなかった。
それは私の最後の評価です。

 

トヨタのセールスマンは、「後部座席は狭く、新型プリウス(50プリウス)をキャンセルしてキャンセルした人がいるようだから、どのように感じるのだろう?
そんな窮屈な気分を少なくとも感じることはなかったと思う。
私は新しいプリウス(50プリウス)の評価がとても良いと思う。